本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 石川 > 大聖寺城跡

大聖寺城跡

                             石川県:キリシタン関連史跡

高山右近が戦った、もう一つの関ヶ原


加賀市大聖寺にある平山城。別名は錦城。
現在は錦城山公園となり、加賀市の史跡に指定されています。

1600年9月、高山右近の進言により大聖寺攻めが行われ、前田軍は圧倒的勝利を収めました。これは関ヶ原の局地戦として北陸で行われた戦いで、もう一つの関ヶ原と呼ばれています。前田家は北陸でわずかに戦っただけでしたが、八十三万五千石から一挙に百十九万五千石の大大名にのし上がりました。



大聖寺城跡


当初、藩主の前田利長は小松城を攻めようと指示をしていましたが、右近はそれに対して珍しく異議を唱え、守りの薄い大聖寺城を攻めるべきだと進言しました。

その策が取り入れられ、守りの堅い小松城は素通りして、前田軍2万5千人は大聖寺城に攻め上がりました。

大聖寺城主、山口玄蕃は日頃から金にうるさく、ちゃんとした家臣を迎えず、十分な軍備もしていませんでした。そのため急いで集めた千2百ほどの兵しかおらず、それで守るしかありませんでした。前田軍の総攻撃を受け、山口玄蕃は自刃。

1615年の一国一城令で廃城となり、現在は公園として整備されています。




解説板

解説板

贋金造りの穴

贋金造りの穴解説板

大聖寺城跡

麓を望む

山口玄蕃記念碑

解説


 
 現地への行き方
住所は加賀市大聖寺です。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                          NEXT >>