本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 石川 > 泉野桜木神社

泉野桜木神社

                              石川県キリシタン殉教地

キリシタンが磔(はりつけ)になった場所


高山右近の国外追放後、次第に激しくなったキリシタン弾圧政策で、加賀藩にいた信徒達が捕らえられ処刑されるようになりました。現在神社となっているこの地では、キリシタンの夫婦が磔刑にかけられたと伝えられています。



泉野桜木神社


沢市夫婦が処刑された時は神社ではなく、「泉野新村」と呼ばれる広大な孟宗竹の竹林に囲まれた地域でした。

処刑場となっていた地域の中心が泉野桜木神社というだけで、この境内で処刑されたかどうかは不明です。

磔にされたのは、沢市という座頭の夫婦。沢市夫婦は知行千石を受けたキリシタン武士鈴木孫左衛門と懇意にしていました。

鈴木孫左衛門は高山右近の法弟で、右近追放後も加賀藩の江戸屋敷に詰めていましたが、信徒であるとの訴人が出て処刑されました。


神社の拝殿

境内

境内の巨木

境内の巨木


 現地への行き方
県道45号線に乗り南に向い泉野3丁目の交差点を左折。最初に左に出てきた道に左折し、一本目の道を右折すると右手に神社が現れます。バス停「沼田町」などからも歩けます。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                          NEXT >>