本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 石川 > 日本基督教団金沢教会

日本基督教団 金沢教会

                               石川県教会

石川県で明治になって初めての受洗者を生んだ


1881(明治14)年創立のプロテスタントの教会。1879(明治12)年に来日したアメリカ人宣教師トマス・ウィンによって建てられました。宣教師の下に足しげく通い、1880(明治13)年に受洗した長尾八之門(八内)は、石川県で明治になって初めてのキリスト教徒です。


日本基督教団 金沢教会


長尾八之門(八内)がクリスチャンになった経緯には浦上キリシタンの存在が関わっています。

1869(明治2)年に金沢郊外の卯辰山に流されて来た長崎の浦上村のキリシタンが、草取りなどの雑用で長尾邸に顔を見せていました。

八内は、幽閉の身ながら憂いも憎しみも悲しみもなく困難に耐え忍ぶ姿に心を打たれ、彼らが重労働の合間に読みふけっている一冊の本に惹かれました。

教会の壁のプレート


1863(明治6)年4月に切支丹禁制が解かれ、浦上キリシタンは長崎に帰っていきましたが、八内の心には何か強い思いが残りました。

八内は1879(明治12)年に来日し、金沢に来ていたアメリカ人宣教師トマス・ウィンの下に通い、1880(明治13)年4月1日に洗礼を受けました。

八内は明治になって石川県で最初の受洗者です。

北陸伝道百周年記念碑


八内は現在の北陸学院の前身の愛真学校の設立に多大なな貢献をしたことが知られています。

八内の長子「巻」氏は、牧師となり浮浪者の友となって慈善活動を推し進め、キリスト教社会運動家 加賀豊彦を育てた人物の一人となりました。

1979年に北陸伝道百周年を記念して建てられたこの碑の文字はトマス・ウィン師の揮毫。トマス・ウィンはアメリカ北長老教会の宣教師でした。


日本基督教団金沢教会

壁のプレート

北陸伝道百周年記念碑

記念碑の説明板


 現地への行き方
JR金沢駅から路線バスで「香林坊」下車、そこからは徒歩3分ほどです。住所は金沢市広坂1丁目5-1。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。

インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》



                                          NEXT >>