本文へスキップ

キリシタンのあしあとを求めて各地を旅してめぐります♪

トップページ > 史跡案内 > 石川 > 金沢

金沢

                         石川県:キリシタン関連地、浦上キリシタン関連地

キリシタン武士が闊歩した城下町


前田利家を初代藩主とする加賀藩は、北陸随一の城下町 金沢を擁し、徳川幕府の下、加賀百万石と言い習わされるほどの繁栄期を築きました。

その繁栄を築く一端を担ったのが高山右近を筆頭とするキリシタン武士たちで、右近は宣教師から学んだ土木技術を駆使して金沢城の修築、高岡城(富山県)の縄張りなどを行いました。

城下には南蛮寺、切支丹寺と呼ばれた教会や司祭館が建てられ、毎年多くの受洗者を輩出しました。キリスト教禁教令下でありながら、藩主自らが率先してキリシタンを保護し、キリシタン宗(キリスト教)を奨励したことは異例であり、キリシタンが落日前の最後の光を放った地となりました。

高札撤去のきっかけをつくる


また明治期に入ってからは、幕府のキリスト教禁令政策を受け継いだ明治政府により、長崎の浦上村に住んでいたキリシタン住民が金沢市郊外の卯辰山に流されてきました。

二手に分かれてやってきた住民は、奥のトキエ、湯坐屋跡、卯辰山養生所跡、織屋跡に収容されました。

山中の牢屋に幽閉され、飢餓と拷問の苦しみを受ける浦上キリシタンたちを垣間見た一人の外国人がその様子を英字新聞に告発し、それがきっかけとなって諸外国からの非難が日本政府に集まり、1874(明治6)年にようやくキリスト教禁令の高札は撤去されました。


金沢は今も


右近の時と浦上キリシタンの時の2つの時代にわたって、日本キリスト教史の重要な舞台となった金沢には、カトリック金沢教会や日本基督教団金沢教会(プロテスタント)などの教会が建てられ、現在も多くのクリスチャンがキリストを信じて暮らしています。

金沢城 石川門に続く道


金沢市内にはキリシタンゆかりの史跡が多く存在しています。

高山右近が暮らした第一の屋敷跡(金沢21世紀美術館)と第二の屋敷跡(金沢貯金事務センター)、右近が築いたとされる西内惣構堀などです。

教会は現在の兼六園下交差点と大谷廟所にあったと推定されています。


金沢21世紀美術館

金沢貯金事務センター

西内惣構堀

初代藩主前田利家像

兼六園下交差点

大谷廟所

金沢城の石垣

高岡城址の石垣

金沢のキリシタン史(15~16世紀)


金沢のキリシタン史は加賀藩初代藩主 前田利家が高山右近を招聘したことに始まります。右近はキリシタンであるがゆえに領地を没収された元大名でした。以下に前田家と右近の関わりを中心に、金沢におけるキリシタンに関する出来事を記します。

1588(天正16)年、利家の招きを受けた右近は「禄は軽くとも苦しからず、耶蘇宗の一ヶ寺建立下された参るべし」との条件を出し、それを受け入れた利家の下に家族とともに下ってきました。

1596(文禄5)年、スペイン船サン・フェリペ号の漂着事件をきっかけにキリシタン弾圧がなされ、右近は施薬院全宗の策動で処刑名簿の筆頭に挙げられましたが、利家と石田三成のとりなしにより取り消されました。フランシスコ会士らは長崎の西坂で殉教し、日本26聖人となりました。

1599(慶長4)年、利家没す。死に臨んだ利家は右近の忠誠を称え、二代藩主前田利長に右近を大切にするよう遺訓を与えました。

1599(慶長4)年の利家没後、徳川家康は利長に謀反の嫌疑をかけ不穏な空気が流れました。右近と横山長知が大坂の家康の下に弁明に出かけましたが、家康は面会拒否。利家の妻 芳春院を江戸に人質に出し、家康の孫を利常(三代藩主)の室に迎えることで収まりました。

大坂から戻った右近は利長の命令を受けて、金沢城の修築にあたりました。新丸を築き、大手堀を造り、石川口を搦め手(からめて)と改めて石垣の段差をなくすなど、防衛に優れた城となるよう整備を行いました。

1599(慶長4)年12月から翌年にかけてのわずか27日間で、右近は東西合計3キロに及ぶ内惣構堀を完成。驚かない者はなかったと記録されています。

1600(慶長5)年、関ヶ原の戦いで利長は東軍に属して小松城や大聖寺城を目指し南進。右近も作戦に参加し重要な役割を果たしました。

1601(慶長6)年、金沢に来た外国人宣教師は、右近の献金で建てられた教会で120名に洗礼を施しました。その内の12、3名が利長の家臣でした。利長がキリシタンを奨励したためさらに20名の家臣が説教を聴いたと記しています。

この頃利長は自分の母芳春院と姉妹にキリスト教の説教を聞き、洗礼を受けるように勧め、その言葉に心を動かされた母は江戸から大坂にまで出向いて説教を聞きました。また信長の娘にあたる自分の正室にもキリシタンになるように勧めたといわれています。

1603(慶長8)年、右近の娘ルチアと前田家重臣横山長知の長男横山康玄の婚姻が調い、その後康玄は洗礼を受けました。

1603(慶長8)年、右近は金沢に多くの人を収容できる司祭館を建設。また能登にある右近の知行地にも二つの教会(志雄と七尾)が設けられ、右近の弟 太郎右衛門ともう一人のキリシタンが世話をしました。この頃北陸には1500人ほどのキリシタンがいました。

1603(慶長8)年、かつて丹波の国八木の城主であった内藤徳庵が右近の取次ぎにより、前田家に迎え入れられ、能登で知行を与えられました。徳庵はキリシタンで篤い信仰の持ち主でした。

1604(慶長9)年、宣教師が京都からやって来たとき、利長は非常に歓待して、家臣らの前でキリシタン宗を称賛しました。自分はすでに半分キリシタンだとまで語ったので、危ぶんだ右近が話題を転じる必要があったほどだと記されています。

1605(慶長10)年、利長は家督を異母弟の前田利常に譲り、翌年富山城に移りましたが、実質的な支配権はまだ持っていました。右近は利長を補佐して争論裁定や年貢算用などの重要政務を司りました。高槻城主時代に培った実務能力が前田家の支えとなり、繁栄の基を据えました。

1606(慶長11)年から1608(慶長13)年にかけて、利長はしばしばキリシタンになりたいとはっきりと話していました。しかし家康の不興を買うことが必至であるため実行に移せず、1614(慶長19)年に亡くなるまで洗礼を受けることはできませんでした。

1607(慶長12)年、宇喜多秀家の室となり、秀家没落後北政所に仕えていた利長の妹豪姫がキリシタンとなり来沢。次いでキリシタン宇喜多久閑もやって来たので、彼らのために利長は紺屋坂下に教会を新たに造らせました。この年の受洗者は50名だったと記録されています。

1608(慶長13)年のクリスマス、右近は自分の費用でご馳走を準備し、自筆の招待状を送って多くの人を招きました。大勢の人が訪れ、右近もキリシタンたちも大いに感動したと伝えられています。この年の受洗者は140名でした。

1609(慶長14)年、富山城焼失。高岡に城を築くことになり、利長は右近に縄張りを命じました。築城の名手といわれた右近は、防衛上の利点に乏しい平城を石垣で覆って堅固な城を築きました。築城開始から落成まではわずか200日ほどでした。

1614(慶長19)年正月17日、追放令を受けて、右近金沢を出立。正月17日は新暦の2月にあたる極寒の時期でした。金沢を追放された右近は家族とともに長崎に行き、そこで強く神に祈り、マニラに流されました。同地で大歓迎され、所領の申し出を受けるも断り、40日後に没しました。

1615(元和元)年のイエズス会年報では「金沢教会は日本で最も繁栄した貴族宗団である」と報告されています。


 現地への行き方
JR金沢駅はJR大阪駅から特急サンダーバードで2時間30分。史跡めぐりには路線バスが便利です。



この地図は大体の位置を示すものなので、訪問の際は現地の案内や地図で所在地を確認してください。
インフォメーション
《本サイト内の関連ページ》
《本サイト以外のサイト》


                                          NEXT >>